美容鍼で赤ちゃん肌へ!!

お顔の肌は何歳からでも若返ります。肌の老化現象は30代から始まりますが、しっかりと治療をしていけば肌の細胞は若々しくなり、何歳になろうが、若く見られます。手遅れにならない為にも、早めに美容鍼を行いましょう。

紫外線や加齢によってなぜ、老化してしまうのか?

なぜ、肌は老化してしまうのでしょうか?その原因は活性酸素です。活性酸素が多く生み出されると、肌の細胞が傷つき老化を招いてしまいます。活性酸素は様々なことにより生み出されます。例えば、紫外線やストレス、喫煙、激しい運動などにより活性酸素が発症します。活性酸素を除去するためには、抗酸化物質を身体の中で増やす必要があります。抗酸化作用がある栄養素は、ビタミンC、ビタミンE、ミネラル、ポリフェノールなどですが、糖質を摂取してしまっていては効果はないので気をつけてください。

 

化粧水や乳液などでは肌は若返りません

肌を綺麗に保つために、化粧水・乳液・美容液・クリームなどを使用している人は多くいますが、化粧品が届くのは肌の表皮までで、本当にケアをしたい真皮層までは届かないのです。美容鍼では、真皮層まで直接アプローチでき、肌を活性化させられます。

 

紫外線によるメラニンの増加がシミの原因

シミの種類は様々あります。女性ホルモンが原因と言われる肝斑、遺伝性で幼少期からみられるそばかす、シミで一番多い老人性色素班、老人性イボの脂漏性角化症、炎症(ニキビ、虫刺され、やけどなど)で沈着した炎症後色素沈着などがあげられます。

では、なぜ紫外線が原因でシミになっていくのか。肌のバリア機能を担っている表皮は、上から角質層、顆粒層、有棘層、基底層となっており、一番下の基底層はメラノサイトからなっております。紫外線を浴びると、このメラノサイトでメラニン色素が生成され、メラニン色素が紫外線から肌を守ってくれて、その後、表皮が剥がれ落ちて垢になります。しかし、約28日周期で新しい肌に生まれ変わる、肌のターンオーバーが加齢、ストレス、喫煙、疲れなどによって遅くなってくると、メラニン色素が排出されなくなり、蓄積していきシミになるのです。

 

美容鍼が肌の若返りを促進しシミを予防

シミ予防をする為に最近、お医者さんからも美容鍼がおすすめされています。肌の生まれ変わりがスムーズに行えなくなることにより、メラニン色素が蓄積し、シミの原因になることを前の文章でお伝えしました。では、どうすれば肌の生まれ変わりがスムーズに行えるようになるのか。それは、美容鍼です!!顔に鍼をすることで、血行を改善し、肌の新陳代謝が上がることにより、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が早くなるのです。肌の生まれ変わりは、28日間で行えることが理想のサイクルと言われております。しかし、40代になると平均で75日間かかるので、シミやしわが出来やすくなります。年齢とともに細胞が増える力と角質を剥がす力が低下し、肌の生まれ変わり(ターンオーバー)に時間がかかります。なので、年齢を重ねても若い肌でいたい方は、美容鍼をして肌の生まれ変わり(ターンオーバー)のサイクルを早くしていかなくてはいけません。

 

 

名古屋市千種区覚王山 「ハリプラス鍼灸院」
<料金> 
一般鍼灸治療2900円 
特別鍼灸治療5400円 美容鍼3600円
住所:愛知県名古屋市千種区姫池通1-7 ラフォーレ姫池1階
電話番号:052-753-6666

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー