お悩み別~耳の症状~

突発性難聴でお悩みの方におすすめの鍼灸治療

<突発性難聴とは>

突発性難聴でお悩みの方におすすめの鍼灸治療原因不明で突然音が聞こえなくなる症状を言います。

原因不明の症状ですが循環障害で起こっているのではないかと言われております。

未だに治療法も見つかっておらず病院ではステロイドやビタミン剤などの処方で終わっているのが現状です。

 

<不規則の生活が問題とされている>

原因は分からないが不規則な生活をしている人ほど多く発症されると言われております。

突発性難聴になって際はまずは食生活や睡眠を改善し体のストレスを減らすことを意識し行っていきましょう。

 

<早期治療が必要です>

突発性難聴になった際は早期に治療を行うと回復の度合いがいいとされています。

早期に治療し血流増加し耳にかかるストレスを減らすことにより予後が良くなるので早めに治療をしましょう。

 

<鍼灸治療の効果>

鍼灸治療ではご自身の自己治癒力を高めると同時に血流量を増加させ耳の中の状態を良くしていきます。循環障害で起きているのではないかと言われているので鍼灸治療はとても相性がいいと思います。

突発性難聴はすぐに治るものではありません。少しずつ耳の環境やストレスが改善されることにより症状が良くなっていきます。焦らず治療していくことが大事になってきます。

 

耳鳴りでお悩みの方におすすめの鍼治療

耳鳴りは循環障害関節障害炎症加齢などにより症状が現れます。

  1. 循環障害により現れる症状は首・肩こりなどの原因で起こっているのでコリをほぐしていくことにより改善していきます。
  2. 関節障害により現れる症状は顎関節症が原因となり起こっているので筋肉をアプローチしていき関節を改善することにより症状が緩和していきます。
  3. 炎症により現れる症状は中耳炎などが原因となり起こっているので耳の血流を増加することにより症状を改善していきます。

 

<鍼灸治療の効果>

耳周りの筋肉を刺激することにより筋肉がほぐれ、血流が良くなり循環障害や関節障害が改善していきます。炎症による症状は耳の血流量を増加させることにより自然治癒力を高め改善していきます。

 

メニエール病でお悩みの方におすすめの鍼治療

<メニエール病とは>

耳の中に内リンパ水腫が原因となりめまい、難聴、耳鳴りの症状が現れることを言います。

内リンパ水腫の原因として自律神経系障害説、塩分・水分代謝障害説、ストレス説などがありますが、なぜ内リンパ水腫になるかは分かってはおりません。

 

<メニエール病の特徴>

激しい回転性めまい・難聴・耳鳴りが3大症状とされています。

特徴的なのは、出現と消失の経過です。ばらばらに出現されるのではなく、まずはふらふらした症状から始まり、回転性めまいと難聴・耳鳴りが同時に出現します。持続時間は30分から数時間で回転性めまいと難聴・耳鳴りはほぼ同時に消失する特徴的な症状があります。

 

<利尿剤が有効とされている>

症状改善として病院では利尿剤が有効とされて処方されます。利尿剤では体の水分を抜くことにより水腫が改善され症状が軽減されると言われております。

鍼灸治療は耳周りの水の流れを良くし改善していきます

 

<鍼灸治療の効果>

耳周りと頚肩部の鍼を行うことにより耳の水分代謝(血流)を良くしていき溜まっている水腫を改善していきます。耳に水腫をできにくくする為に全身の血液がうまく巡るようにもして行かなければなりません。東洋医学では手足のツボを使うことにより全身の血液の巡りも良くなるように調節していきます。

 

顔面神経麻痺でお悩みの方におすすめの鍼治療

<顔面神経麻痺とは>

顔の神経が障害されることのより運動障害生じることを言います。

 

<中枢性か末梢性>

顔面神経麻痺は中枢性か末梢性の2つに分けられ、どちらの神経障害なのかを判断することが重要になってきます。前頭筋に麻痺があれば、末梢性の確率が高いと言えます。

顔面神経麻痺のほとんどが末梢性と言われています。

 

<ウイルス感染が原因でなる事が多い>

末梢性の中でもウイルス感染が多く、免疫力が低下することによりウイルス感染するのではないのかとされています。膝神経節に感染を起こして神経が障害させることにより症状が生じます。感染が生じると神経が浮腫状変化を起こし腫れたせいで神経が圧迫され血行障害となり症状が現れます。

 

<放置しても回復する?>

顔面神経麻痺は放置しても60パーセント以上回復する病態ですが、予後が悪いこともあり症状が現れた時にはすぐに治療を行うといいと思います。

 

<鍼灸治療の効果>

頭部から顔にかけて鍼灸治療を行うことにより膝神経節周囲の血流量が増加し腫れて炎症が起きている神経に対して鎮痛作用が働き炎症を抑えていきます。炎症を抑えることにより腫れが治まり神経障害がなくなり症状が改善していきます。

末梢神経が支配している筋肉に対しても血流を良くしていき症状が改善していきます。

早めに治療を行えば炎症が酷くならずに抑えられるので早めに治療を行いましょう。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー