顔面神経麻痺と鍼灸治療

顔面神経麻痺とは

顔の神経が障害されることのより表情筋の運動障害が生じることを顔面神経麻痺と言います。

 

顔面神経麻痺の症状

顔面神経麻痺は、顔の筋力が突然低下していきます。筋力が低下することにより顔の表情が作れなくなり顔を動かせなくなります。顔の筋肉が動かせなくなる為、様々な障害が出てきます。例えば、目が閉じにくくなる、顔が曲がって見える、口角が動かせなくなるので水や食事が口から漏れてくるなどと言った症状が現れます。

 

中枢性か末梢性

顔面神経麻痺は中枢性か末梢性の2つに分けられ、どちらの神経障害なのかを判断することが重要になってきます。前頭筋に麻痺があれば、末梢性の確率が高いと言えます。
顔面神経麻痺のほとんどが末梢性と言われています。末梢性の中でもベル麻痺やハント症候群と言われるウイルス感染が原因の顔面神経麻痺が多いです。ベル麻痺やハント症候群は、知らないうちに顔が歪んでいた、朝起きたら顔が動かなくなっていたなどの症状があります。

 

ウイルス感染が原因でなる事が多い

末梢性の中でもウイルス感染が多く、免疫力が低下することによりウイルス感染するのではないのかとされています。膝神経節に感染を起こして神経が障害させることにより症状が生じます。感染が生じると神経が浮腫状変化を起こし腫れたせいで神経が圧迫され血行障害となり症状が現れます。

放置しても回復する?

顔面神経麻痺は放置しても60パーセント以上回復する病態ですが、予後が悪いこともあり症状が現れた時にはすぐに治療を行うといいと思います。

 

麻痺の程度を判定する!!

麻痺の程度を判定するために柳原法という40点満点でスコアをつける方法があります。10点以下の人は重篤とされています。

 

鍼灸治療の効果

当院では、ウイルス感染による顔面神経麻痺の鍼灸治療を行っていきます。ウイルス感染による顔面神経麻痺は免疫力の低下からも症状が出ているため顔だけではなく身体の治療も行い低下している免疫力を上げていきます。顔に関しては、頭部から顔にかけて鍼灸治療を行うことにより膝神経節周囲の血流量が増加し腫れて炎症が起きている神経に対して鎮痛作用が働き炎症を抑えていきます。炎症を抑えることにより腫れが治まり神経障害がなくなり症状が改善していきます。末梢神経が支配している筋肉に対しても血流を良くしていき萎縮している筋肉に栄養を送り、筋肉がしっかり働けるように作用させていきます。早めに治療を行えば炎症が酷くならずに抑えられるので早めに治療を行いましょう。

 

 

名古屋市千種区覚王山 「ハリプラス鍼灸院」
<料金> 
一般鍼灸治療2900円 
特別鍼灸治療5400円 美容鍼3600円
住所:愛知県名古屋市千種区姫池通1-7 ラフォーレ姫池1階
電話番号:052-753-6666

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー