白内障と鍼灸治療

白内障とは

正常な水晶体は透明で光を良く通します。様々な原因で水晶体の蛋白が変性し濁ってくることで白内障となります。水晶体が濁ると光がうまく通せなくなり光が乱反射して網膜に鮮明な映像が映せなくなり視力低下、かすみ、まぶしさなどの視力障害が起きます。

 

白内障を軽くみてはいけないです!!

白内障は人間の眼の中の水晶体の老化現象ですが、水晶体の寿命は個人差があり65~70年ぐらいです。なので誰しも高齢者になれば必ず白内障にかかります。白内障は眼科の手術で治りますが、世界では白内障が失明の圧倒的第一位の原因です。さらに白内障をほかっておくと水晶体が年々大きくなるために、眼の中の水が流れる隅角という隙間が狭くなります。水の流れが悪くなることで眼圧が上がり緑内障になります。緑内障は白内障と非常に関係が深いです。白内障をほかっておくと緑内障を引き起こすので、白内障の治療は早めに行った方がいいです。

 

白内障の症状

・かすんで見える

・まぶしくなる

・暗くなると見えにくくなる

・一時的に近くが見えやすくなる

・二重三重に見える

 

分類

白内障は先天性と後天性のものがあります。
先天性は、風疹による子宮内感染、ダウン症候群、ターナー症候群などです。
後天性は、老人性、外傷性、内分泌異常性、薬物性などです。

1.老人性白内障

白内障のなかで最も多いのが老人性白内障で、加齢に伴って起こる水晶体の混濁です。発症年齢には個人差はありますが50歳以上で起きるとされています。60歳代で60~70%、70歳以上で80~90%、85歳以上で100%の人に混濁が認めれれると報告されています。老人性白内障の原因は加齢のみではないと言われていますが、それ以外の因子はいまだに解明されていません。混濁した水晶体は基本的には透明にならないので、進行を遅らせるしか方法がありません。

2.糖尿病白内障

糖尿病の眼合併症として白内障を生じることがあります。

3.ステロイド白内障

ステロイド薬の長期にわたる投与で、両眼性の後嚢下混濁を生じます。

 

鍼灸治療の効果

眼房水が水晶体に栄養を送っています。眼房水の流れを良くしていくことによりうまく栄養が水晶体に送られ環境が整っていきます。鍼灸治療では目の周りの血流を増加して眼房水が水晶体をうまく栄養できるような環境を作っていき症状の進行を遅らせていきます。

 

 

名古屋市千種区覚王山 「ハリプラス鍼灸院」
<料金> 
一般鍼灸治療2900円 
特別鍼灸治療5400円 美容鍼3600円
住所:愛知県名古屋市千種区姫池通1-7 ラフォーレ姫池1階
電話番号:052-753-6666

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー