めまいや立ちくらみは鍼灸治療で改善

めまいや立ちくらみはデスクワーク、長時間の運転などが原因で起きていることはご存じですか?めまいや立ちくらみは脳に血液が送りにくくなることによって起きていることがあります。

めまいとは

めまいとは、自分ないしないしは周囲のものが動いてないのに動いてるように感じる錯覚または異常感覚で、空間認識の破綻した状態です。

 

めまいの原因には前庭と中枢があります

めまいの原因には様々なものがあります。大きく分けると、末梢前庭性めまい・中枢前庭性めまい・非前庭性めまいがあります。

1.末梢前庭性めまい:蝸牛や三半規管を中心とする内耳の障害によって出現するものです。

2.中枢前庭性めまい:脳幹や小脳を中心とする中枢性の障害によって引き起こされます。

3.非前庭性めまい:視性、体性感覚、全身疾患、心因的なものによるめまいです。

 

めまいは回転性とふらつきで大別できます

めまいの症状としては、ぐるぐるする・ふわふわする・ぐらぐらする・意識が遠のくなど様々な感覚がありますが、これらは全て個人の感覚であり、これだけではめまいと診断することは難しいです。しかし大まかには判断できます。ぐるぐる回るめまいの多くは、末梢前庭性めまいで、ふらふらするやぐらぐらするめまいは中枢前庭性めまいと考えることができます。

・末梢前庭性めまい:内耳障害が問題で起きますが、人間には左右に内耳があり、片側が障害されると急激に左右の内耳間のバランスが崩れ、激しいぐるぐると回るめまいが起きると考えられています。

・中枢前庭性めまい:原因となる脳幹、小脳が身体の中心に存在する為、ふらふら・ぐらぐらと言った比較的落ち着いためまいとなる事が多いと考えられています。

 

鍼灸では脳底動脈循環不全のめまいが効果的

椎骨脳底動脈不全症は、一過性の脳虚血発作のひとつです。椎骨脳底動脈は、左右の椎骨動脈が頭部で一本となり、脳底動脈となります。椎骨脳底動脈は、脳幹や小脳に栄養を送る動脈なのでこの動脈の循環障害が起きるとめまいが現れます。脳底動脈の循環を悪くする要因が4つあります。

1.血液事態に問題があり、そのために循環が悪化するもの。これは、血液がドロドロの状態であり、高脂血症によって血液成分内の脂質が上昇した状態、脱水などによる血液の濃度状態などが考えられます。

2.血管事態に問題がある。脳底動脈の走行は、人によって非常に個人差があると言われておりますが、血管の蛇行や屈曲、狭窄など血管事態の問題が血液の循環を悪くさせます。

3.血管に対する圧迫が問題となる。椎骨動脈は頸椎内を走行するため、頸椎の変形などの骨の変化によって循環が悪化します。

4.筋肉が硬くなることが問題となる。首の筋肉が硬くなることによって、頸椎が前傾(ストレートネック)となり椎骨動脈の循環障害が起きめまいが現れます。

 

めまいに対しての鍼灸治療

鍼灸治療では、椎骨動脈の循環障害を良くしていき改善します。首の筋肉が硬くなることにより、頸椎が前傾(ストレートネック)となり椎骨動脈の循環が悪くなります。鍼灸治療は、硬くなっている筋肉に対して直接刺激ができるので、早く筋肉がほぐれ首の姿勢が改善され、血液の流れがよくなりめまいが改善されていきます。

 

 

名古屋市千種区覚王山 「ハリプラス鍼灸院」
<料金> 
一般鍼灸治療2900円 
特別鍼灸治療5400円 美容鍼3600円
住所:愛知県名古屋市千種区姫池通1-7 ラフォーレ姫池1階
電話番号:052-753-6666

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー