Archive for the ‘腰痛①’ Category

腰痛は鍼治療が効果絶大

2019-10-18

慢性腰痛は原因不明な病気のひとつです。病院のレントゲンやMRIなどを撮っても異常はなく、なぜ痛いのかはわかりません。この様な原因不明な筋肉の異常にはとても鍼灸治療が有効なのです。

なぜ腰痛になるのか!?

人間が誕生した時は、四足歩行で歩いていた為、腰に負担がかかりにくく腰痛にはなりにくかったです。(例えば、犬や猫は人と比べると腰痛を発症する頻度は少ないです。)時代が進むにつれ、四足歩行から二足歩行に進化していき腰にかかる負担が増え腰痛を発症しやすくなりました。特に問題なのが頭の重さです。人によって重さは様々ですが、4.5キロから8キロぐらいあると言われております。頭が重い分、身体の重心が前方に傾きやすくなっており、それを支える為に身体の首から腰にかけての背面の筋肉が常に使われている状態です。筋肉が常に使われ続けると筋肉に栄養が上手く行かなくなる為、栄養を届けて欲しいと身体が信号を出し、それが痛みに変わっていきます。他にも様々な身体の原因で腰痛を起こします。先ほども少し触れました姿勢の問題です。特に腰痛の人が多い姿勢が猫背です。なぜ猫背が問題かと言うと背骨に負担がかかるからです。背骨は通常Sを書いたような綺麗な湾曲をしており、猫背の人はこのS字の湾曲がおかしな形になっております。私たち人間の身体は元のいい状態に戻す働きがとても強くその為、筋肉が頑張って働き筋肉を硬くすることで背骨に負担がかからないようS字を矯正しようとし、筋肉の栄養が不足することにより痛みが出てきます。あとは、内臓が原因の腰痛もあります。胃腸・すい臓・肝臓・胆のうの病気、腎臓・尿路結石・膀胱の病気、子宮など婦人科の病気、腹部大動脈瘤などの血管の病気など様々な原因により腰痛が起こります。

慢性腰痛を軽視してはいけない!!!

先ほども話しましたが、姿勢の悪さ(猫背)が問題なのです。慢性腰痛は長年の姿勢の悪さから痛みが悪化しています。長年、慢性腰痛を発症していると突然の激痛、しびれ、足に力が入らない、感覚異常などが起こります。これは姿勢の悪さからくる背骨の異常なのです!!20代~50代ぐらいまでは少し運動すれば良くなってたなどとよく言われます。運動して症状が感じなくなることはとてもいいことですけど根本的改善はされていないんです。運動することで一時的に血液量が増え、筋肉に栄養が行くことで症状が改善するのです。ここで問題なことがあります。大体の日本人が血液循環が良くなれば治ると思っていることです。一時的には痛みが軽減するのですが、また同じように痛み始めます。なぜ・・・?原因の治療が行われていないからです。

腰痛は鍼灸治療が「効果絶大」

原因の治療とは何か、筋肉や筋膜の働きを元に戻してあげることです。運動で一時的に血液循環が良くなっても筋肉や筋膜の働きは元には戻りません。ただ単に乳酸が溜まり筋肉の働きを悪くしているだけです。ここで言いたいことは慢性腰痛には治療してく中でしっかりとした治療計画があるという事です。運動することを否定しているわけではありません。まずは、筋肉や筋膜の働き「伸びる性質・縮む性質」を正常に働かせることを治療で行わないといけないという事です。その為には、筋肉や筋膜を直接的に刺激することです。これは鍼灸治療でしかできません!!!直接刺激を鍼灸治療で筋肉や筋膜に行うと筋肉が柔らかくなり、筋膜の滑りも良くなるという事です。この状態を保てるようにすることがとても大切なのです。

もう少し慢性腰痛のことを説明して欲しい方は、ハリプラスにお越しください。

 

 

腰痛と鍼灸治療

2019-06-05

腰痛になりやすいタイプ

1.長時間同じ姿勢が多い。

現代社会はデスクワークでの仕事が多く座る時間が長いです。座る時間が長いと血液の巡りが悪くなり悪い所にうまく栄養が行かなくなり腰痛が起こります。

2.筋トレ

身体にいいとされている運動ですがやり方に問題があったり、筋トレするタイミングが早いと痛みが起こります

特に運動不足の方が、健康の為と思い筋トレを積極的にやる事が問題となってきます。筋肉はトレーニングをしなければどんどん衰えてくるものです。衰えてる筋肉に対してトレーニングを頑張り過ぎると腰痛の原因になります。

腹筋運動が原因で腰痛になる事が多いので正しいやり方で行いましょう。

3.骨盤の前傾姿勢

腰痛と関係が深い部位が骨盤です。骨盤が前傾姿勢になると身体の重心が前に行き腰回りの筋肉に負担がかかります。筋肉に負担がかかることにより段々と筋肉が硬くなっていき痛みが起こります。

4.自律神経の乱れ

自律神経には交感神経と副交感神経があります。交感神経は緊張を強くする神経で副交感神経はリラックスさせる神経です。自律神経が乱れる原因は色々あります。例えば仕事のプレッシャー、人間関係、睡眠不足などです。この様な原因により自律神経の交感神経が高くなると筋肉のコリが段々と強くなっていき腰痛が酷くなっていきます

東洋医学の考え

〇寒湿による腰痛

湿気の多い所、梅雨、雨の日、汗をかいた後に風にあったりすると腰部の経絡に異常が出て腰痛が起こります。

〇腎虚による腰痛

長期の病気により身体が弱くなる、老化により腎精が不足すると経脈を需養できなくなり腰痛が起こります。

〇瘀血(おけつ)による腰痛

捻挫や打撲などの外傷により経絡の流れが悪くなり腰痛が起こります。

鍼灸治療

腰痛は血液の巡りが悪くなり筋肉が硬くなることにより起こる事が多いので、まずは鍼灸治療で硬くなっている筋肉を治療していきます。鍼を直接筋肉にアプローチする事により血液の巡りが良くなり痛みが落ち着いていきます。

ハリプラスの鍼灸治療では腰だけの治療は行いません!!!

身体全体のバランスをみて治療を行っていきます。腰痛の悩みの多くが日常生活による筋肉の片寄りや身体の重心に問題があります。ハリプラスではしっかりと身体の状態をみて筋肉全体の問題ある部位にアプローチをしていき改善していきます。なので普通の鍼灸治療に比べて効果が出やすくなっております。

セルフケア

〇ストレッチ

最初にお話しさせていただいた骨盤の前傾姿勢に対してのストレッチを教えていきたいと思います。

「大腿四頭筋ストレッチ」

1.長座位から膝関節を曲げます。

2.徐々に身体を後ろに倒していき大腿四頭筋を伸ばしましょう。

「ハムストリングス」

1.長座位になり膝関節は伸ばしたままにします。

2.徐々に身体を前に伸ばしていき指先が足先にとどくよう意識して行ってください。

「腓腹筋」

1.細長いタオルを用意し座ります。

2.片足ずつ伸ばしていくので、伸ばさない方はあぐらをかきます。

3.伸ばす方の膝関節を伸ばしタオルを足先にかけて身体に向かって引っ張っていきます。

腰痛でお悩みの方は是非この3つのストレッチを行いましょう。

 

 

 

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー